美食探偵 明智五郎1

東村アキコ先生の新シリーズ。あまり面白く感じなかった。これを買うなら、なんとかの花、のほうを買えば良かった。東村先生は、巻を重ねるごとに方向性が定まって面白くなっていくことが多いので、初刊はこんなものなのかもしれないが、導入編で謎解きが浅くミステリーとして物足りないのと、どじっこてへぺろ要素が多く自分の好きなテイストではなかった。全巻そろった頃にあらためて読んでみたい。