パークライフ

読み返し。当時、芥川賞受賞をきっかけに読んだのだけど、そういう理由で読んだ本のなかではけっこう気に入っていて、もう一度読んでみた。
芥川賞受賞、それはかれこれ15年前で、その書評のなかに、「スターバックス」が作中に出てくるのは是か否か、というものがあったのをうろ覚えている。まずこういったチェーンの固有名詞を出さないのが純文学だったのだ、その時代は。その後の芥川のラインナップを見ても、いまではどうってことないことなのに、当時は議論になっていたというのが興味深い。

パークライフは、とにかく読みやすい、その文体が好きである。文体は読みやすくすっきりあって欲しい。全編に抽象画は要らない。と私は考えている。
そして、オチのまったくないストーリーで、こういうところが純文学ぽいな、とその頃の自分は思った。純文学にはオチをつけてはならない。なんとなく。明確なエンディングがなく、物語を切り取ったような一片が純文学である。なんとなくそう思う。
最近知ったのだが、この作品には「なにもおこらない小説」という天才的なコピーが読み人知らずでつけられていた。そのフレーズを聞いて、たしかに何も起こらなかったな、いや、見逃していたのかな、とだんだんに気になってきて、再読するに至った。(続く