フランス女性は太らない

レコーディングダイエットの指南、そしてヴーヴ・クリコのポジショントーク、といった印象が強いけれど、そうだった、レコーディングという手があった、と思い起こさせてくれたので私にとっては良本である。
早速レコーディングして、というかレコーディングするぞ、と思い立ったらすでに間食が減ったので、とても効果がある。ランチについていたババロアをひとくち食べて、好みじゃないとわかった、少量だし普段ならそのまま食べているところ、これでカロリー摂取するのはもったいない、と思い直して、半分で残した。これはすごい効果だ。ひとくち目で決断すべきだったという反省は残るけれど。
ほかには飲み物はホットにすべきだったけど、暑いのでアイスコーヒーにした。そのぶん糖分を足さずストレートで飲んだ。
こういう反省と小さな改善を繰り返し、なんだか今回は成功しそうな気がする。

本書に関しては、訳の言い回しが読みにくいのが難点。それとレシピはきっと良いものなのだろうけど、素材集めの時点で地の不利があり、見てるだけで気が遠くなり、ジャパンではお味噌汁でいいや、と思って、肝心のスープやらのページを飛ばしていたので、自分はフランス女性にはなれないな、と思った。しかしこれって、フランス人は服10着に似てる、出版日からすると、こちらが元祖かな。

8/25
朝なし
水ボトル
玄米ごはん カツ お味噌汁 サラダ 酢 胡椒
ババロア1/2 ★これ要らなかった
アップルパイ☆
アイスコーヒーM ☆